新しい趣味、始めてみませんか?

趣味としての園芸:最初に

花はその美しさで人の心をとらえ、安らぎを与えてくれます。
さらに、これを身近で育てれば喜びも倍加しますので、その気になれば、だれでも気軽に楽しめる趣味でありながら、これほど奥の深い趣味もめったにありません。
花の美しさに心を奪われ、その花のことをもっと知りたく名前を調べて、もっとその花を見ていたいと窓辺で野の花を育てて見ることでしょう。
図鑑を見ていると、更に他の花も見てみたいと衝動に駆られて植物の詳しい人たちの輪に入り、植物観察会に出かけて、栽培の上手な人のうんちくを聞き、いつしか自分のまわりは大好きな草花と、花を愛する人でいっぱいになるでしょう。
花を観賞することは生活の中に豊かさを追求し始めるようになったときから始まったといえますが、花を飾り、美しい花を、珍しい花を求めて交配を行い新しい園芸品種を誕生させ、産業としての花の栽培が成立しました。
美しい草花をテーマとした芸術なども誕生していくことでしょう。
その「園芸」とはいったい何なのでしょうか。
園芸とは花や庭木を植えて育てて、鑑賞することをいいます。
漢字の「園」の字は4隅を囲った土地を表しているからです。
囲まれた土地の中で植物を育てることが「園芸」になるわけです。